恋愛ができなかったり、うまくいかない人向けの相談所。恋愛のプロによる恋愛コラムやインタビューを掲載。

質問の大切さ〜好意を抱かれる質問の力を大幅にアップさせるには?

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2019年4月 LQ恋愛カウンセラーの資格を取得 2019年6月 LQ恋愛カウンセラーの上位資格であるJLC認定恋愛アドバイザーを取得
詳しいプロフィールはこちら

みなさんは女性(男性)と会話をするとき、どのくらいの割合で自分が話をしていますでしょうか?もしくはどのくらいの割合で女性(男性)が話をしていますでしょうか?

結論を述べると、相手に話をさせた方が好意を抱かれる確率が高くなります。

スポンサーリンク

相手が知りたい情報を話す

人は興味のある話しか、頭に残りません。人間の脳は必要のない情報を記憶しようとしません。全ての情報を処理しようとすれば、膨大なエネルギーが必要になってしまい、パンクしてしまいます。

では必要な情報とは何か?

相手が興味関心のある情報です。

では相手が興味関心のある情報とは何か?

相手が質問してきた情報です。

基本的に相手が質問してくるということは、相手が知りたいから聞いてきます。相手が知りたい情報を話すこと。それだけで十分です。

スポンサーリンク

コミュニケーションの必要条件

コミュニーケーションが成り立つのは、自分と相手のゴールが一致している時に限ります。つまり、自分が話したい情報と相手が知りたい情報が一致しているとき。もしくは、自分が聞きたい情報と相手が話したい情報が一致しているとき。

一致していないケースだと…

自分が話したいけど、相手は聞きたいと思ってない情報。自分が聞きたいけど、相手が話したいと思ってない情報。これでは、コミュニーケーションは成り立ちません。セールスでも同じです。相手が聞きたい、知りたいと思った時、感じた時だけ、情報を伝える。だから人は話を聞きます。

話を聞きたいという心理状況になっていない時にどれだけ商品やサービスのプレゼンテーションをしても相手には何も伝わりません。伝わらないどころか不快な気持ちにさせるかもしれません。

では、聞きたいという心理状況にするにはどうすればよいか…?

質問をします。

質問すると、人は必ず思考します。

思考すると自分の中で何か答えを導きます。

そのとき、人は気付きを得ます。

普段考えもしなかったことを考えるかもしれません。頭の中で潜在化されていたことが、顕在化する瞬間です。

大切なのは質問の仕方や質問の回数

話題に適した質問をはじめに問いかける

話を戻すと、女性(男性)に対して何か話をしたいことがあるとするならば、まずは、その話をするために適した質問を女性に問いかけることです。例えば、自分の恋愛経験の話をしたいならば、まずは相手の恋愛経験の話を聞きましょう。

自分の好きなタイプの話をしたいならば、まずは相手の好きなタイプを聞きましょう。返報性が働き、相手から質問が来るまで自分の話はなるべく我慢します。

質問がないならば、聞きたいという心理状況にまだ相手はなっていません。また、もちろん質問するときは、まずは答えやすい内容から質問します。最初から下ネタなどは絶対にNGです。

質問は縦に広げる質問を意識する

また、質問の原理原則として、横に広げる質問よりも縦に広げる質問を意識することです。横に広げる質問ばかりだと、尋問されてるように相手は感じてしまう。

箇条書きで次から次へと違う質問をするのではなくて、1つのテーマに沿って深掘りして聞いていく。どうしてそう思ったのか?どうやってそうしているのか?何をしたいのか?などなど…。限定質問よりも拡大質問を多用するのです。

また、過去、現在、未来を意識して質問していくのが大切です。余談ですが、好意を抱かれる質問の回数というのが、ハーバード大学の研究でわかっています。15分間に何回くらい質問をした人が好意を抱かれるのか?という実験が行われました。

実験結果は、15分間に9つ以上の質問をした人の方が、好意を抱かれるというものでした。これはかなり多い回数かもしれませんが、質問回数の大切さがよくわかる結果です。

スポンサーリンク

最後に…

人は自分の話をしているときは、美味しいご飯を食べている時と同じかそれ以上の幸福感を得ます。質問して女性(男性)に話をしてもらうと、女性(男性)は幸福感が高まり、楽しいと感じます。するとまた会いたいと感じるようになります。

いかに相手に話をして頂くか、自分の話は相手が興味のある時に話せばよいのです。自分が相手に好意を持って質問をすれば、好意の返報性が働き、好意を持って質問が来るようになります。

質問が来た時は自分の価値観、考え、過去、現在、未来志向の話をするチャンスです。相手の心理状況を意識して、会話を楽しむことが大切です。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2019年4月 LQ恋愛カウンセラーの資格を取得 2019年6月 LQ恋愛カウンセラーの上位資格であるJLC認定恋愛アドバイザーを取得
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 恋愛相談所・amare , 2019 All Rights Reserved.